名刺を作成するときのデザインのポイントって?

HOME » 名刺のデザインについて » 名刺を作成するときのデザインのポイントって?

名刺を作成するときのデザインのポイントって?

名刺をオリジナルやオーダーで作ってもらうとき、デザインのポイントとなるのはどんな部分なのでしょうか。
デザインのポイントを抑えていれば、名刺をオリジナルで作ったとしても失敗することなく、名刺を渡す相手に好印象のイメージを与えることができるでしょう。
そこで、名刺のデザインのポイントを見ていきたいと思います。

・名刺のデザインのポイント!その?名刺の大きさや素材
デザインのポイントとしては、名刺の大きさや素材に注意しながらデザインをしていくのがポイントになります。
名刺の大きさとは用紙のことで、日本の名刺の標準サイズは91mm×55mmです。
通常ではこれが最大のサイズなので、サイズを変えたい場合は縦や横でサイズを小さくすることになってしまいます。
しかし、通常のサイズと異なるものを作ってしまうと、収納ボックスなどに入れた際に収まりが悪くなる恐れがあるので、通常のサイズは変えずに用紙の素材やデザイン、文字のバランスなどでオリジナル感を演出するのがポイントとなります。

・名刺のデザインのポイント!その?文字の太さや配置
名刺を作る場合は氏名や会社名、住所や役職などを記載しなくてはならないため、文字の太さや配置によって感じる印象がかなり違ってきます。
文字が太かったり、配置が上手くいかないとゴチャゴチャしたイメージになり、整理整頓ができない人だと判断されてしまうこともあります。
こういった名刺を作ってしまうと、仕事でマイナスなイメージを与えてしまうことにもなり兼ねません。
名刺には必要事項を記載してもスッキリとした印象にする必要があるので、氏名の文字だけを変えて名前を目立たせたり、配置によってスッキリして見えるレイアウトで作成してもらうのがポイントとなります。

このように名刺のデザインは人それぞれ違うため、個性や好印象をどれだけ残せるかがカギとなります。
名刺のデザインで勘違いをしてはいけないのが、必要事項ばかりを盛り込んでしまうことです。
必要事項はとても大切なものばかりなのですが、最低限自分の名前と会社名、住所や電話番号、役職などが記載されていれば問題ありません。
ポイントは名刺の大きさを変えず、どれだけシンプルに自分や会社の情報を相手に伝えることができるかです。
必要事項を盛り込みながら自分の個性や会社について知ってもらい、仕事の業績に繋がりやすくなるような名刺をデザインしたり、制作してもらうことが最大のポイントとなるでしょう。